偽 ・ ワーカホリック ...
2005・03

<< 02 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 04 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

2005/03/28 (Mon) ふ、と。
こんな夜更け、寧ろ未明に
自分何やってんだろうって すごい不思議に思う。




だいじょぶ。
まだ 今日は始まったばかりだもの。

サヨナラ昨日
おいでませ今日。

さぁ、そろそろ近いね。
明日という名の 近未来。
スポンサーサイト

2005/03/28 (Mon) メール。
頬がゆるみっぱ、ってメールしたら
かわいいやつめ。ってかえってきた。
いや、私からしてみればですね?
そういうことを言うお前がですね。


とてつもなく可愛く思えるんだよ………!


2005/03/28 (Mon) あーあっと。
ありえないくらい話題。
っていうか唯の愚痴と諦め 覚書。

2005/03/27 (Sun) そぅっと、
息をしてみたら案外苦しくて悲しくなった。


首に掌を添えて、息を吸ってみたら
気管に流れる空気がわかるかな、と思ったけど
そうでもなくて わかるのは、筋肉の伸縮と骨の動きだけで
これはこれでありなのかな、と思った。


扉には鍵を。
瞼には睫を。
空には雲を。
海には船を。
色には筆を。


少しだけ考えて、
少しだけ否になって、

大きく息を吸ってみた。




今日も、日は昇るんだって
光を見て思った。

2005/03/23 (Wed) 音楽。
やっぱり新居昭乃さん好きだなぁ、って。
新しい(そうでもないけれど。この前貸してもらったばっかりなので。)アルバムの、エデン。余り聞いてないからコメントはいえないけれど
やっぱり世界があるなぁ、って。あの人独特の。

飛月は 空の青 、と祝祭の前。

本当大好き。
ってなことを書いていると又聞きたくなってくる...

うずうずうず。

2005/03/21 (Mon) PBC。
をやっている身として。何ぞ思うところをちらほら。


2005/03/21 (Mon) 今日で一ヶ月。
です。

いきなり、何を言い始めるのかと思われるのかもだけれど
今の彼氏と付き合いだして です。

別にお前の生活なんて同でも言い!ッて方はスルーどうぞ。

2005/03/21 (Mon) えっと。
気が向いたときにかく雑文。お暇な人が読んで感想なんて持っちゃったらカキコしてくれればありがたいなぁ。
コメント?
やる気に繋がります。ダメ出しでも可。

2005/03/21 (Mon) 桜と 葉と。
季節はそろそろ風が緩んできたころのコト。

「あら、衣替え?」
「…ッ、 …。 嗚呼。」

見た目に寒々しい石造りの場所で、

「…まだ、季節的に早くない?」
「衣替えは、 …温度ではなく暦により行われる。」

季節は窓から覗く草原の草草はやっと今新しい芽を出した時分。

「寒く、無いの?」
「大丈夫だ。 …と、いうかお前のほうが寒いだろう?」

風は春一番、 大きく埃と春の匂いを香らせて。

「あら、優しいのね。」
「社交辞令だ。」

何処までも吹いてゆく。

「仏頂面で言われても嬉しく無いわ。」
「だろうな。」

長い冬を越した大地を。

「でも、その優しさはありがたく受け取っておくわ。…いい?」
「勝手にしろ。」

長い動乱を終えた大地を。

「きっと誰かにもらえる最後の優しさだから。」
「……、勝手にしろ。」

彼女と俺の間には石ではない、鉄の棒が何条も突き立っている。

「此処に捕らえられてから何日たったかしら?」
「お前に何かを伝えることは禁じられている。」

俺は兵士で、彼女は囚人。

「あら、優しさは伝えてくれたのに?」
「 … あんなもん、情報じゃないからな。」

彼女は死刑囚。



「そろそろ桜の季節ね。」
「…そうだな。」
「桜は好き?」
「どうしてそんな事をきく。」
「他愛の無い世間話じゃない。」
「…………。」
「桜は、好き?」
「人並みには。」
「どうして?」
「はなが、きれいじゃないか。」

「ふーん、…私は 葉桜のほうが好きよ?」
「……。」
「そこはどうしてって聞き返さなくちゃ!」
「…。」
「……。」
「………。………ハァ。 また、どうしてだ?」
「良くぞきいてくれました!
……だって、葉は花びらみたいに散らないでしょう? 翠の葉が風に揺れているのを見ても切なくならないもの。だから私は――…」



―――葉桜が、すき。



此処ではない何処か遠くを見て。
費えてしまった夢だろうか、兎に角遠くを見て彼女は言った。

その次の日に彼女は断頭台の露と消えた。
朝露が彩るべき、 桜は 蕾すら見えて無いというのに。

そして俺が知ったのは
葉桜が好き、といった彼女の笑顔が
桜の散る光景よりも儚いと言うことだけだった。

季節は巡り、桜は咲いて そして散ってゆく。



2005/03/21 (Mon) …
っ、は。
書いた文章が消えるって久しぶりにやったな……。


イ ジ メ で す か f c 2 …!!


(普通にへこみながら。

2005/03/21 (Mon) 電車男。
読みました。
いやー、泣いた泣いた。すごい勢いで泣きましたよ……!!
ん、やっぱりわからない単語が多かったけれど。
ってコトで内容は伏せたいので続きかなぁ。

2005/03/21 (Mon) テストですョ。
たぶん、あれだ。
ざかざか駄文を書き散らすと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。